椅子に座るときの姿勢改善や矯正に役立つストレッチ

最近スマホやパソコンを使う方が多くなったせいか、

TVで、よく腰痛のことを取り上げています。

椅子に座るとき、猫背になっていたり、背もたれに寄りかかっていたり、

浅く座って腰を反らせ、椅子の下で足首を交差したり、など。

人により、いろいろな癖があると思います。

そしてそれらのせいで、腰などに負担がかかり、

痛みを起こすことがあるようです。

しかし、わかってはいても、正しい姿勢で椅子に座るのは、

なぜか疲れてしまって続きませんよね。

私は、股関節を患った為、

背骨から腰骨にかけて大きく曲がってしまっています。(いわゆる側湾症)

椅子に腰かけ良い姿勢をすると、すぐに痛だるくなって、

どうしても背もたれに寄りかかってしまう・・・

という期間を長く過ごしていました。

カイロに半年通ったり、

自分で腹筋、背筋、少しのスクワット、などの運動を組み合わせ、

(一通りやるとだいたい40分から50分)

さぼりながらも少しづつやっていました。

だいぶ良くなって、背筋を伸ばし姿勢よく、意識しながら歩くのは無理なく出来ます。

でも椅子に腰かけはどうしても良い姿勢を保てません。

背もたれにクッションあて、辛くなったらもたれる、の生活をしていました。

そんなある日、股関節のことをTV番組で取り上げていました。

「横向き足上げストレッチ」が中臀筋を鍛えるので、毎日すると良いとのこと。

このストレッチは、私の組み合わせ運動に取り入れていましたのに、

腹筋、背筋とかを重点的に考えていて、たまにしかやっていませんでした。

それに気づき、テレビを見ながらでもやるようにしましたら、

何と!椅子で良い姿勢を保てるようになったのです。

それに骨の曲がりも多少なり改善されていくように思えて、希望がもてました。

もしどんな運動やストレッチをしても、良い姿勢を長く保てない方は、

このストレッチをもうひとつ取り入れてみてはいかがでしょう。

横向き足足上げストレッチ
(ベッドなどで) 右横向きになり、右膝をおりまげ、左足を伸ばし水平に上げて5秒キープ、(上げ下ろし)×5回
同様に  左横向きになり、左膝をおりまげ、右足を伸ばし水平に上げて5秒キープ、(上げ下ろし)×5回
を一セットとして  2回行います。

テレビを見ながらでも気軽に出来るので習慣にしたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする