朝ベッドで寝たままストレッチ!起床ストレッチでダイエット

昨年末、年明けからテレビでやたらダイエット、ストレッチのこと目にします。

メタボの基準値が変わって少し厳しくなったそうで、そのせいかと思われます。

対策には色々ありますが、私が毎朝やっている一つを紹介したいです。

5,6年前になりましょうか、以前みのもんたさんのお昼の番組で

紹介されたストレッチですが、私はそれ以来行なっています。

当時のメモをと探してみたのですが見当たらず、

多分覚えやすいのでメモしなかったのでしょう。

朝忙しいのでとても・・と最初思われるのは当然なのですが

習慣にしてしまえば、これは健康の為 そのうち習慣の為になり、

やらないと床から出られない、気が済まない、今の私がそうなのです。

後でストレッチ方法を紹介しますが、まずどんな利点があるかを。

起床時のストレッチには、こんな効果があります

♢就寝時の身体のゆがみや姿勢を正すストレッチです。

♢ストレッチポールに身体を乗せる働きに似ていると思います。
(これは私の実感です)

♢このストレッチを紹介し番組に出ておられた先生の機関で実践された方々から、ダイエット効果が得られているとの報告があったように記憶しています。

私は殆ど毎朝おこなっています。

それの効果もあって身体がスッキリとした感じ、スリムな体型を保っています。

と同時に太りにくい体質になっているのだ、と自分が体得した実感をぜひ今回お伝えしたいと思いました。

他の運動なども少しですが時々していますのでうっかりしていましたが、

最近になってこの朝一毎日が効いていると思えたのです。

私自身は最初ダイエット効果を狙ったわけではないのですが…。

起床時ストレッチの方法

起き上がる前に枕をはずし、仰向け、体をまっすぐにして

1 左右の手指を交差して手のひらを表に返すと同時に頭上に両肘をぐっと伸ばす
同時に左右の足の指をぐっと反り、5秒 息を吸い込み続けます。
(肘と足を思いきり伸ばす)

2 力を抜き 10秒 休みます

3 次は交差した手のひらを裏(手の甲を表)にして同様に
同時に左右の足の指を内側にぐっと折り曲げ、5秒 息を吸い込み続けます。
(肘と足を思いきり伸ばす)

4 力を抜き 10秒 休みます

以上を 1セットとして3回繰り返します。

# その後、床から起きる際は身体をクルリと横向き腹ばい様にしてとのこと

# トイレにいかずに行うようと言われましたが、程度に依りますよね。
なるべくでいいですね。

毎朝、ベッドから出る前の習慣にしましょう

私は肩を痛めた時や時間がない時などは、

3秒 , 6秒休み を3回~4回にして、

とにかく毎朝やっています。

もしどうしても時間が取れないという方は、

まずやり方を覚え出来る様になったら最短縮したりして

自由にこのストレッチを取り入れられるのでは…。

起床時に他の運動、例えば指の運動などなさっておられる方も

出来ればその前(後)に是非・・・と言いたいです。

これは私の個人的な見解ですが、朝一これを習慣にしたら、

例えば他の色々な運動やストレッチを挑戦なさっている方は

時にはそれらをスルーされても、良い姿勢でいることさえ心がけていれば、

きもち許されるのではないでしょうか。

長年続けている私が効果を保証します!

何年も前に把握したことなので多少正確性に欠けるところあると思いますが、

健康維持の為のストレッチであるのは間違いありません。

私が続けていて効果を実感しているこの“起床時ストレッチ” お勧めです‼

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする